Interview
インタビュー

村方  譲

2010年入社村方 譲Yuzuru Murakata

Interview05

「 ノバシステムに入社した理由を教えてください 」
当時の面接官の方と深く話す機会を得ることができ、その方の魅力に惹かれたことや、これからのキャリアビジョンなど話しが合い、自身に親和性が高いと感じ入社を決めました。就職活動中の面接や説明会でも感じたことですが、他の会社にはない『フランクな雰囲気』を各所で感じることができたのが非常に印象深かったです。
「 入社しての第一印象を教えてください 」
入社した理由にも関連をしていますが、『フランクな雰囲気』というのは、入社後も感じた第一印象でした。
社内では上司を役職で呼ばないことや、年齢や役職関係なく、様々な話がしやすい環境など、面接や説明会で持ったイメージ通りフランクな会社でした。今でも役職名で呼ぶ人といえば、社長くらいですね。
「 現在の業務内容を教えてください 」
保険販売代理店様向け、契約情報管理システムの開発を行っています。
既存システムのWEB化に合わせ、既存システムの導入店から要望をいただいた点の改修案の検討なども行いながら開発を行っています。
チームリーダーも担当しているため、上記通常業務以外にも、自身のチームメンバーの作業進捗管理を行ったり、お客様や共に仕事をしている他の企業の方とのミーティング内容をチームメンバーに対して共有を行ったりしております。
「 ノバシステムの強みとは何だと思いますか? 」
保険業界のお客様と幅広くお取引をしており、保険開発拠点が多数あることが強みだと考えます。
これまでのノバシステムの歴史の中でも、保険業界とは長くお取引をしており、ノウハウであったり、スキルという部分に関しては大手企業にも勝るレベルであるかと考えております。
また、保険業界・金融業界と多く取引をしているという特性上、売上が安定していることも強みではないかと思います。
一定の安定した売上を確保できることで、新たな顧客・サービスへの挑戦ができているのではないかと思います。
「 今後の目標を教えてください 」
ここ数年は管理者としてメンバーの管理を行う立場として業務に携わっていますが、なかなか自分が満足できるようなマネジメントはできていません。マネジメントという難しい課題ではありますが、同時に自身のレベルアップという点では、やりがいも感じています。
会社全体として、チーム全体として一人一人が最大限のパフォーマンスを発揮してもらうためには、メンバーの満足度が高い管理者になることが必要ではないかと考えています。こうした管理者としての在り方ということが私の当面の目標です。

村方 譲 一日のスケジュール

09:00

開発・設計・メンバーの作業進捗管理など

チーム全体としての前日の作業の進捗度合い等の振り返りを行い、各メンバーの作業が遅れないよう、指示だしや作業内容の確認を行います。
確認後は各自ミーティングの準備や開発、設計などそれぞれの作業を行います。

image

13:00

開発・設計・メンバーの作業進捗管理など

午前に引き続き、作業を行います。特に現在はリーダーとして働いていますので、自身の業務に加えメンバーのフォローなどが発生してきます。

image

14:00

開発検討ミーティング

お客様や協力会社の方を含めた案件に携わるメンバーで課題の共有や解決策の検討を行います。
大きなことから小さなことまで様々な課題を全員で解決するために協力します。

image

15:00

ミーティング内容をメンバーに共有

開発検討ミーティングの決定内容をメンバーへ伝えて、作業計画に反映します。

16:00

進捗ミーティング

お客様へ作業状況の報告を行います。遅延がある場合はキャッチアッププランを提示するなどし、進捗について認識のずれをなくします。

image

17:00

ミーティング内容をメンバーに共有

進捗ミーティングの決定内容をメンバーへ伝えて、作業計画に反映します。

image

18:00

退社

業務終了後に退社します。

image

  • membaer滝尻 圭介
  • membaer水和 由果
  • membaer髙橋 大樹
  • membaer坂口 美穂
  • membaer村方 譲